点滴に対する苦手意識の原因

看護師さんのお仕事はたくさんあります。たとえば、患者の体調管理、お薬の服用管理や食事などの医療サービスに加えシャワーや汚物の処理など患者の身の回りのお世話もします。やはり患者に直接関わるお仕事で、医療行為である注射器などの針を使うことが苦手な看護師も多いようです。

特に点滴では細く小さめの針を患者の皮膚に刺すので、ベテラン看護師や新人看護師問わず苦手な看護師は苦手のようです。看護師に限らず多くの分野において苦手なお仕事を抱える人たちは多いでしょう。

病院によって変動すると思いますが、看護師がする点滴の医療行為は、最高2回までのチャンスはあるそうです。その後は他の看護師に点滴をお願いするケースがほとんどのようです。

点滴が苦手な看護師が、患者に5回も6回も点滴の針を刺すのも、患者にとってみれば大きな苦痛であり負担が大きすぎます。実際に針を刺す看護師は患者以上の精神的ストレスや不安感をいだいているでしょう。看護者が患者の痛みを想像したり、患者のことを気遣うあまり、針刺しを失敗すると患者は自分のことを悪く思うだろうと考えることで点滴の失敗を招く原因にもなっていると思います。

つまり、この不安感が失敗の原因と考えられます。克服するためには度重なる経験が必要です。同時に「失敗しても当然だ!」というくらいの強気が必要かもしれません。

適正検査の種類について

いろいろな仕事をしてきた人は一度は体験したことがあるかもしれないけれど、適性検査というものが就職試験に存在する会社があります。公務員しかり、大企業しかり、そして医療機関もこの試験を適応している所が多いです。特に医療機関は患者さまと接する機会が多いですから適正の検査というのは必ずといっていいほどついて回るものでもあります。その中でも特に多いのはY-G性格検査と内田・クレペリン精神検査になります。もしかすると前者のほうは体験したことがある方も多いと思いますし、今はインターネットなどで性格測定などでもおなじみになっています。120からなる設問に応えると、自身の性格がどのようなタイプなのかが分かり、このY-G計画検査は大きく四つの分類に分けることで自身がどの傾向が強いのかなどをはっきりさせることができるものでもあります。適正検査としてではなく、自身の性格や傾向を判断するためにも一度体験してみると面白いかもしれません。

アメリカでの看護師資格、日本では?

海外の方が日本で看護師になりたいと思っている場合、日本人が海外に留学するように、海外から来る方は日本にある看護専門学校・看護学校の日本留学試験を受けるのが一番です。基本日本国籍を持っている私たち日本人は、試験内容も日本語で受けますし何の弊害もありませんが、海外から日本の看護師試験を受けたいという場合は英語の答案というのは日本の資格ですからありません。何よりも最初は日本語を覚えてもらうことが大事になってくるので、いきなり試験を受けるのではなく、海外からの留学枠がある学校を受験し、そこで勉強をした後で是非試験を受けてみてもらいたいと思います。どうしても言語の壁というのものはありますので、どこにも頼らず、いきなり試験を受けても「何が書いてあるか分からない…」となってしまって、挫折してしまうこともありますし、何よりもその前にせっかく日本に移住してきたのに、と残念な結果になることもあるからです。日本人も同じく海外で仕事をしたいと思うのと同じで、海外の方も日本の医療を学び、世界中でその知識が生かされてくれることを切に祈っています。

透析看護師として転職する方法

自分が新しいステップへ行きたい時や、今の職場を変えたい時っていうのはよくありますよね。かといって、いきなり準備もなしに辞めますというわけにもいかないのが現状だと思っています。仕事も少ないし、と考えるけれどせっかく看護師の資格を取ったのだから、それを生かしたいと思って就職サイトに登録して探してみると看護師にも専門みたいなもので分けて就職できることが分かりました。今は結構多くなってきている人工透析専門の看護師に転職というのもいいかもしれないと。人工透析を専門にやっている病院は基本土日は休みが多く、入院用の病棟を持っている所は少ないので、夜勤も少ないです。基本的な知識とあとは患者さんと長い間一緒にいる仕事になりますから、コミュニケーションをしっかりととれる人であれば良い転職先なのかなと思っています。今までは大きな病院に勤めることが一番なのだと思っていたけれど、見方がちょっと変わって、専門的な知識を手に入れて新しいステップへ切り出せるともっと良いのかもしれないと思いました。

理学療法士等の訪問が保健師又は看護師による訪問の回数を上回っても良いのか

介護認定がおりると、介護士さん・ヘルパーさんだけでなく、様々な職種の方が家に来てくれるようになります。しかし、回数制限や他の業種の方とのやりとりなど、実は非常にややこしい手順があるというのが現実です。後になってこの回数来ては行けませんでしたということでは、がっかりしてしまうかもしれませんね。例えば、リハビリの時に大活躍してくれる理学療法士さんは、看護師さんや保険師さんよりもだいぶ多く来てくれているけれど大丈夫かな?と思われるかもしれません。一言で言うと、大丈夫です。理学療法士さんはリハビリのお仕事なので、看護師さんなどと違い、どんどん来てもらった方が治る確率が上がりますし、必要に応じて業種により来る回数が変わるのは大丈夫なようです。介護認定を申請する時は、いろいろな人が家に来るという不安があるかもしれませんが、みんなで協力して改善を目指していってくれるので、本当に嬉しいことと言えるかもしれませんね。

認定申請中に認定申請の取り下げるにはどうすればよいか

介護認定を申し出ても、状態によって申し出を取り下げたかったり様々な事情があるかもしれませんね。そんな時は、介護認定を申し出た市町村に取り下げを希望する旨を申し出る事で、申請を取り下げることができます。しかし、その時は注意しなければならない点がいくつかあります。一つは取り下げ申請の時に一緒に保険証も返すこと。もし、認定がおりてしまってから取り下げ申請をする時には、資格者証という介護認定を照明する書類も返す必要があります。家に置いたままにしてしまうと、だれかに悪用されることも考えられるのでこんな指示が出されているんですね。申請を取り下げた場合、申請がなかったものとみなすのですでになんらかのサービスを受けているなら自分で認定を取り下げたことを伝えなければなりません。定期的に認定状況は確認してくれますが、もし、認定がおりていない状態でそのままサービスを受けていると全額自己負担になるので、大変な殊になるかもしれませんよ。

労災の適用事業

労災について考えるのは、仕事をしている当人よりも事業主の方が多いかもしれませんね。私のところは自営業だけど、労災は適用しているんだろうか?と思われている方もおられるかもしれません。結論をカンタンに言いますと、一人でも雇用している従業員がいるなら労災に適用しています。ただ従業員が同居している家族の場合のみ適用外となる場合もあります。それでも例外が存在します。例えば、国有林野・印刷・造幣の3つの国営事業と、役所などが当てはまる官公署は例外となります。これは国家公務員災害補償法があるので必要ないからです。そして農業・林業・水産業で、労働者を多く雇っていない分野は労災に適用されません。災害が発生することが少ないためとされていますが、聞いただけではなぜ労災が必要ないのかがピンときませんね。漁をしていたら、それなりに危険なような気もしますが・・・。ただ、従業員の過半数が希望する場合は加入しなければならないようです。ほとんどの仕事に労災が適用されているというのは安心ですね。

デイサービスに転職をするためには

今付き合っている彼氏と結婚を考えているのだけど、仕事が基本不定期なので、ちょっと心配しています。私の同僚も先月結婚して、旦那さんと一緒に暮らしているけど、やっぱり昼夜逆転しちゃったりすることも看護師には多いから、朝旦那さんが出ていくころに自分が帰ってきたりしちゃって大変だと聞きました。だったら今の看護師の仕事経験を生かして違う仕事に…と思うんだけど、デイサービスなんかはどうなのかと思っています。今のような最前線の医療とはかかわらないかもしれないけど、子供ができたりしたら時間を選んで働けるし、責任は重大だから一生懸命やることには変わりないと思うし。今後結婚して出産して、って考えるとどうしても今の看護師の仕事はきついし、時間もないからちょっと検討してみようかと思っています。どうしても他の医療機関関係だと出産後に戻ってきたりするのが難しいとも聞いているので、それでも資格は生かしたいと思うのは普通かなぁって思っています。

職務経歴書の書き方

看護師の仕事は自分の手に職をつけるのと同じだけれど、やはり結構多いのは今まで通っていた学校の傍にある病院。正直地元の病院の中ではあまり評判が良くなかったので転職しようと思い立ってハローワークに相談すると、今は就職で沢山の書類が必要なんだと知りました。昔は履歴書くらいでよかったのに、今は添え状と職務経歴書というのがセットになっているらしい。職務経歴書は大体A4くらいの紙に自分が今までどんな経験を積んで、そんなことができるのかというのを明記するもの。確かに履歴書では分からないことは多いので、そこでアピールしましょう、ということらしい。坦々と自分ができることを説明できる書類が職務経歴書で、それを見て「この人はこんなことができるんだ」と相手側に判断してもらうらしい。でも確かにそれって大事で自分がこんな経験をしてきたからスキルアップのためにも御病院で働きたいんですと大きくアピールできるからとても大事だなと思う。基本的に書類が作れるのかどうかも確認するから、みためが綺麗なのも大事。昔と違って就職活動は難しいような気もするけれど、ある意味で自分の個性を一番理解してもらえるような流れになっていっているようでちょっと安心した。

看護学校の教員として転職をするためには

看護教員になりたいと思ったときにどうすれば教員になれるかというと、条件としては5年以上の臨床経験が必要であり、なおかつ、看護教員になるための研修(専任教員養成講習会)を6ヶ月~1年間受講する。という条件があります。もうひとつの方法が看護の専門領域における臨床経験が3年以上であり、教育に関連する科目を4単位以上習得した人。というのがあります。見てわかるように、看護師になった、だけでは簡単に教員になれないということです。教える立場ですから、経験も知識も必要になります。看護教員のメリットとしては、夜勤がないので体力的に負担が軽くなるということ、休みがしっかり確保されているということ、日勤のみの看護師に比べ給料が高いということなどが挙げられます。デメリットとしては、精神面の疲労や、ストレスに悩ませれる確率が高いということです。小・中・高校の先生たちと同じように、教育に関してのストレスを感じることはあります。まとめると、病棟看護師は体力が求められ、教員には精神力が求められるということです。どちらが自分に向いているかなどを考える必要性もあります。